引越し 安くなる日

MENU

引越し予定日は高い日ではありませんか?

引越しを業者に依頼する場合、月や日や曜日によっては引越料金を割り引いてもらえることがあります。これはトラックや人員に余裕があるような比較的暇な時期に適用されることが多いようです。このため引越しの日取りを自由に選ぶことができるような場合は業者の暇な時期を選ぶようにすると引越し費用を安く抑えることができます。

 

年間でもっとも引越しの多い月は2月の後半から4月前半になります。これは転勤や就職、進学などによる引越しがこの時期に集中するためです。つまり、期間中に引越しを計画してしまうと割引はほとんど望めなくなります。逆に4月後半から8月までは引越しをする人が減るので狙い目だと言えるでしょう。繁忙期に比べると料金が半額も安くなる場合もあるようです。

 

また、賃貸物件の引越しの場合月末で契約を終了させるケースが多いため、どうしても月末に引越しが集中します。その代わり中旬は引越しする人があまりいないので比較的値引きをしてもらいやすくなります。

 

引越しはほとんどの場合日中に行いますので仕事の関係などから週末や祭日に集中してしまいます。このため平日は比較的業者は暇なことが多いようです。また、土曜日に引越しを終えて日曜日に片付けを行うというケースも多いため、日曜日の午後から料金が安くなることもあります。このように引越しが集中している月や日、曜日を避けることで引越し費用は驚くほど安くなることがありますので、このようなことを踏まえた上で引越しのスケジュールを立ててみてはいかがでしょうか。

安くなる引越日を選ぶ|東京〜北海道の引越し費用のだいたいの相場は?関連ページ

得なのは大手か中小規模の業者か
見積もりにおける注意点
値引き交渉を行う
出来ることは自分で