引越し 値引き交渉

MENU

引越し業者との値引き交渉にチャレンジ!

訪問見積りで正式な見積りが出たら、値引き交渉に入りましょう。近頃は値引き交渉が当たり前という風潮があるので、引越業者の方もそれを見越した額を見積りに乗せて提示していることが多いようです。引越の内容は依頼主によって異なるので一概にどのくらい値引きが可能であるかは言えませんが、最初の見積りの総額から数万円値引きされたり、場合によっては業者が暇な時期を選ぶことによって半額以下となったりするケースもあるようです。

 

値引き交渉を行う際に重要なのは、複数の業者と交渉を行うことです。ライバルとなる業者を競い合わせることで値段は下がりやすくなります。このため必ず数社から訪問見積りを取るようにしてください。特に大手の引越業者の場合、それぞれ必ずライバル会社が存在しています。営業マンはライバルに負けまいと必死になるので、それを上手く利用することができれば地域密着型の中小の業者よりも安い料金が提示されることもあります。

 

引越料金が安くなる月や日、曜日があることは「安くなる引越日を選ぶ」の項でもご紹介しましたが、訪問見積りの際にそれらを必ず確認をしておいてください。そして複数の業者と現在交渉中であることも伝え、その中から最も安い料金の提示をした業者と契約するつもりであることも伝えておきましょう。こうすることで値引き交渉をスムーズに行うことができる上、短い期間で交渉を終了させることもできます。営業マンによっては「この場で即決してくれればこの金額にします」と提示してくることもありますが、即決してはいけません。必ず複数の業者を比較して決めるようにしてください。

値引き交渉を行う|東京〜北海道の引越し費用のだいたいの相場は?関連ページ

安くなる引越日を選ぶ
得なのは大手か中小規模の業者か
見積もりにおける注意点
出来ることは自分で