引越し業者 中小

MENU

どちらが得? 大手か中小規模の業者か

引越を専門に行う業者はテレビコマーシャルなどで名前の知られた大手のところから地元に昔からある中小規模のところまでたくさんあります。では大手と中小ではどちらが得になるのでしょうか。

 

大手の引越業者のメリットとしては、引越先が近距離の場合も遠く離れている場合も対応してくれることが挙げられます。そして依頼者のニーズに合った様々なプランやコースを選ぶことができるようになっています。ピアノの搬入搬出、ハウスクリーニングなど有料のオプションも用意されています。また、高所作業車などの特殊な車両もありますので一般的でない引越にも対応できるようになっています。そして大手の場合社員教育も徹底して行われているので細かいところまでサービスが行き届いています。しかし中小規模の業者に比べて料金が高くなるというデメリットもあります。また、営業マンが契約を取るために執拗な連絡を取って来ることも稀にあるようです。

 

中小規模の引越業者のメリットは、大手のようなプランやサービスが無い代わりに料金が安く設定されている場合が多いことです。また、依頼者の都合に合わせてくれるなど柔軟な対応を行ってくれるところも多くあります。しかし、長距離の引越には対応してもらえないことがあったり、補償の面が大手に比べてあまり良くなかったりすることもあるようです。しかし、標準引越運送約款を採用している業者なら補償の面も大手とほとんど変わりません。

 

大手と中小とどちらが得かと言えば、単身や近距離の引越しなら中小の業者と言えますし、長距離となる引越や荷物の多い引越の場合は大手の業者を選ぶほうが得と言えるでしょう。

得なのは大手か中小規模の業者か|東京〜北海道の引越し費用相場関連ページ

安くなる引越日を選ぶ
見積もりにおける注意点
値引き交渉を行う
出来ることは自分で